お寿司屋さんに行くと、料金表がないところがあります。時価ということです。そういったお店にはなかなか行くことができないものです。すべて食べ終わって、満足したのはいいけれども、万単位の請求が来るとなるととんでもないということです。ですから、通常は回転寿司にいくということになります。回転寿司であれば、いつもおなじみのねたが、いつも同じ値段で食べることができるということです。お財布にもやさしいということです。では時価というお店においてはどういった魅力があるかです。それは、その日に入った貴重な魚が食べられるかもしれないということです。店主の目利きで購入した物ということになります。仕入れ値が変わるので、じかということになるのでしょう。魚といいますと、養殖でない限りは、必ず一定量が獲れるということはありません。時期によっては予測をすることができることもあると思いますが、日によって魚種も変わるということです。そんなときに、普段はあまり獲れないものがかかるということがあります。

そしてそれが市場に出ているということです。その魚のよさがわかる人が仕入れをするということになります。数が少ないですから、どうしても価格は上がることになります。非常に貴重ということになります。わざわざ、そういった魚を求めておすし屋さんに行くという人もいるということです。一般的なものだけでなくて、いろいろな種類の魚を食べることができるということになります。それも楽しみの一つです。かにといいますと、どれくらい種類があるでしょうか。よく見かけるものとしては、ズワイガニであったり、タラバガニといったところになると思います。市場においても、これらが2分しているように思います。

でも、かにもこれだけの種類というわけではありません。ある地域でしか獲ることができないというものもあるということです。数が少ないので、普段は漁師の中でしか食べられていないというものもあるということです。貴重な種類ということになります。最新のかにの通販店においては、一般的なかにだけでなくて、少し変わった種類のかにも用意しているということでした。水揚げ量が少なくて貴重なものもありますが、だからといって値段が大きく上がるわけではないということです。ですから、いつものものでは物足りないというときには、そちらを購入するのも良いということです。知られていないものでも、水揚げ量の多いものもありますから、そちらを指定することもできます。

Comments

コメントを残す

Your email address will not be published. Name and email are required


*