二次会用のドレスにかける費用の平均

皆さんは二次会のドレス選びに悩んでいませんか。新婦はもちろん、参加者も二次会のドレス選びには悩むところですよね。参加者の場合、披露宴と同じドレスを継続して着ることが多いようですが、披露宴の際、着ているものが振り袖だったり、披露宴と二次会の雰囲気があまりにも違うことが分かっている場合には、ドレスを替えることもあります。新婦の場合も披露宴の際のドレスを継続して着る人もいますが、せっかくの晴れ舞台なので、ドレスを替えている人も多くいます。二次会参加がはじめての人はどんなドレスが二次会に好ましいのかはもちろん、ドレスのお値段が気になるところですよね。披露宴とは別でドレスを着るということもあり、1万円以内で済ませようとする人が多く、平均予算は4.9万円となっています。

二次会のドレスはどのように手配したらいいのか

さて、二次会用のドレスはどのように手配したら良いのでしょうか。ドレスは購入するかレンタルするかで手配できます。今後の着用予定がある場合は購入のほうが安く済みますが、着用予定がない場合はレンタルのほうが安く終わることが多いです。新婦の場合、ウエディングドレスから二次会でドレスを替えるのは、せっかくなので二次会では二次会に合うドレスが着たいという理由の他、ウエディングドレスを汚さないために別のドレスを手配しているという理由があります。ドレスの手配先はおもに結婚式場や式場と提携したドレスショップ、外部のドレスショップ、インターネット、二次会の会場の4つがあります。それぞれの手配方法にメリットがありますので、どのような手配方法がいいか各手配方法を調べたうえで、選ぶといいでしょう。

二次会ではどんなドレスを着ればいいのか

どのようなデザインのドレスが二次会には相応しいのでしょうか。仮に、披露宴と比較してかなりカジュアルになったとしても、ある程度のフォーマル感は大切です。ワンピースなどドレッシーな衣装が好ましいです。新婦の場合、二次会にはカラードレスを着る人が多いようです。最近ではカラードレスやミニドレス、イブニングドレスなどの人気が上昇しています。フォーマル感は出しつつもトレンドはしっかり押さえたいという人におすすめです。また、新郎と雰囲気が違うと浮いてしまうため、新郎新婦それって雰囲気を統一できるといいでしょう。参加者の場合は、あくまで自分は主役ではないため、露出の多い服や白色、アニマル柄のドレスの着用は避けましょう。それでもおしゃれはしたいですよね。現在のトレンドカラーはパステルカラーといわれています。新婦を立てつつもトレンドを取り入れたドレスで周りと差をつけてみてはどうでしょうか。