二次会でさりげなく目立てるドレスとはどういう特徴があるか

会社の同僚や同級生との二次会は楽しみですが、「何を着ていこうかな?」と悩んでしまう方は少なくないのではないでしょうか。大事なお祝いの場ですから、華やかで場が盛り上がるような、そして自分が着ていて良い気分になるようなドレスを選びたいものです。まずは二次会の会場によって雰囲気を合わせることが大事で、例えば披露宴をしたホテルで開かれるのであればフォーマルな雰囲気を大切に、レストランであれば少しフォーマル感を下げてもいいでしょう。また、カフェやバーなどを貸し切って行なわれる場合は、フォーマルというよりよそ行きといった雰囲気で選ぶとイメージしやすくなります。二次会のドレスというと黒を選ぶ方が多いですが、そればかりでは会場の雰囲気が暗めになってしまいます。そこで、思い切って他のカラーに挑戦してはいかがでしょうか。

おすすめカラードレスとは?知っておきたいマナーもご紹介

もちろん、黒いドレスが駄目だというわけではありません。大人の雰囲気が出る魅力的な色として人気が高く、さまざまなデザインや素材で多数販売されています。しかし、少し工夫をして素敵なカラーを選ぶことで主張しすぎない、好印象が残るようなドレスを着ることをおすすめします。どのようなカラーを選ぶと良いかといえば、大人の女性も挑戦しやすいピンクベージュやダークグリーンなど、夜のパーティーに似合うワントーン暗めのドレスは挑戦しやすく目立ちすぎません。薄いパステルカラーや、白に近いような色は新婦が着る色に被りますので避けてください。二次会は、挙式や披露宴よりマナーは厳しくありませんが、短すぎる丈は避ける、ストッキングは必ず履く、露出しすぎないなど最低限のマナーは守りましょう。

小物で印象を変えれば何度お呼ばれしても大丈夫!

場合によっては、近い時期に何度も二次会に出席することがあります。お気に入りのドレスを見つけても、毎回同じコーディネートでは新鮮味に欠けるので、ドレスと一緒に羽織りものを幾つか揃えておくことがおすすめです。ジャケット、ボレロ、ストールがあれば様々なシチュエーションに対応できるでしょう。例えば、披露宴から出席するのであれば披露宴中はラメの入った華やかなストールを羽織り、二次会には落ち着いた雰囲気のカーディガンやボレロでカジュアルダウンするといった使い方があります。ストールの巻き方でも印象がガラッと変わりますから、ストールを留めるコサージュを用意しておくのもおすすめです。コサージュはバッグに付けるなど、アレンジもできます。このように、小物も活用してさらに素敵に着こなしてみてください。きっとパーティーに映えるドレスになるでしょう。