ドレスアップにする際に二次会の身だしなみはどうするのか

結婚披露宴後に親しい友人や職場の人などを広く呼んで催される二次会は、結婚披露宴とは違い、形式や内容に決まりはありません。そのため、参列する招待客の服装もかしこまった礼服などではなく、平服で良いとされています。平服とは普段着を意味しますが、通勤や休日に着て出かけるような服装ではなく、略礼装あるいはそれに準ずる格好が適当とされています。女性であれば、二次会で着るドレスとして選ぶのは、ワンピースがおすすめです。二次会の主役は新婦ですから、白を基調としたドレスやティアラなどのヘアアクセサリーの着用は避けましょう。また、ストッキングは必ず着用しましょう。黒色のストッキングは喪を連想させるので避け、ヌードカラーのものを着用するのが基本です。ヘアセットをしないというのはNGです。ヘアアクセサリーを着けるなど、普段とは違うフォーマルなヘアセットをしましょう。

二次会で着るドレスはパーティー感を演出するのが吉

二次会で着るドレスは、パーティー感を演出できるものがおすすめです。ワンピースでも光沢のあるサテン生地のものやレースがあしらわれたものはフォーマルな印象を与えることができます。オールインワンタイプのパンツスーツもフェミニンになりすぎず、格好良さを見せられるとして人気です。あまりかしこまった場面ではないとはいえ、二次会で着るドレスは、露出を控えましょう。ノースリーブのワンピースであれば、ボレロやショールを羽織るのが良いでしょう。足元はつま先のあるパンプスが適当です。スエードやエナメル素材が高級感を感じられます。ドレスや靴で黒色を着用するのは問題ないですが、不祝儀に使用するブラックパールを着用するのは避けましょう。黒色ドレスの場合は、靴や鞄などで差し色を取り入れるとグッドです。

二次会のドレスは会場タイプによっても異なる

二次会のドレス選びの際は、二次会会場のタイプにより少しずつ違いがあることも覚えておきましょう。例えば、ホテルの宴会場や高級レストランが会場となっている場合は、よりフォーマルなドレスが適当です。結婚披露宴の際に着用するドレスで良いでしょう。カジュアルなレストランや居酒屋が会場となっている場合には、きれいなワンピースなどで良いです。もしも迷った場合は、フォーマルなドレスを選べば良い気もしますが、周りとの印象が違い過ぎると浮いてしまいます。できれば一緒に参列する人に、どのような服装で参列するか確認をして選ぶと良いです。また着席形式なのか、立食形式なのかによって靴選びには気を付けましょう。立食形式の場合、履きなれた靴は足への負担が少ないですが、履き込みすぎていてくたびれた印象を持たれてはいけません。事前に数回履きならしをしておくことをおすすめします。