かにの通販とは一部の日本海側と北海道は有名な漁港が多く旬は11月から2月頃までです。かにはブランドになっていますが地域の漁港名によりブランド名がタグに記入し足に巻きつけています。雄を松葉ガニと言い、雌は地方により呼び方が異なり姿は子供の手のひらに乗るほどの小ささです。かに肉を好んで食する人は雄を選びますが雌は卵を所持していますので好む人もいますが肉は少ないです。食べたという気分にさせてくれるのは雄で肉が豊かで甘みを感じさせてくれます。そのようにして日本海側の一部と北海道で水揚げされる松葉カニですが冷凍保存できることから、どこの松葉カニでも同じと言えることです。冷凍保存できることから我が国はロシア産やカナダ産を輸入しています。日本海の、かに漁場とロシア産やカナダ産とは変わりはない事になります。


しかし以前から我が国特有のブランドとして市場に出回っている、かには高値で取引されていますが少しの漁獲という事から庶民の口に入ることはありませんが料亭やデパートの客寄せのために役をしています。それでも数多く販売されていますが日本海産の有名漁港と言うだけで一般庶民は口にすることはできません。庶民が口にできるのはロシア産とカナダ産という事になります。冷凍保存できることから日本海の一部の漁港のブランドとして混ぜて販売されても庶民は味の違いを判る人は、まずいないと思います。


そのような事で、かにの旬になりますと料亭やデパートの宣伝の役割をしていますが高価になっています。日本海側の、かには希少価値から高値で取引され、その高い値段の、かにを料亭やデパートに回し、庶民の口に入るのはロシア産とカナダ産ということになりますので値段が若干、高価で有名ブランドの漁港で販売されています。その有名ブランドの漁港という事でロシア産やカナダンを、かにの通販としてインターネット上で宣伝し販売しているのです。それよりも北海道の、かにはロシア産とカナダ産の輸入の基地になっていることから日本海側の漁港では北海道で仕入れるという事になっています。その背景には漁獲量に問題があるのですが日本海の漁港近海の、かにの数は激減している事も一因しています。そのような事から有名ブランド港というレッテルでロシア産とカナダ産の、かにの量を若干、少なくして全国に販売しているように思います。そのような事から庶民がインターネットを通じて購入するなら北海道の漁港で購入したほうが量が多く購入する事ができます。